サービス


貴社の障害者雇用を成功させるお手伝いをいたします。

障害者雇用コンサルティング

雇用計画のプランニング、採用代行から定着支援まで一連の雇用ノウハウを貴社のニーズに合わせて移転いたします。人事、部門管理スタッフの負担を軽減します。

各種研修・トレーニング

貴社の障害者雇用課題の解決につながる研修を、経営層、管理部門、管理職、受け入れ現場、採用した人材向けといった対象別に行っております。貴社のニーズに即した研修をご提案します。

障害者を長期継続雇用する会

毎月1回会員同士の交流会を開催し、毎月1回会報をメールにて配信します。長期継続雇用に関するご相談は随時対応させていただきます。

協会について


障害がある人も障害がない人も、共に元気に楽しく働く社会を作る

ノーマライゼーションとは、
1960年代に北欧諸国から始まった社会福祉をめぐる社会理念の一つで、
障害者と健常者とはお互いが特別に区別されることなく、
社会生活を共にするのが正常なことであり、
本来の望ましい姿であるとする考え方です。

「障害がある人も障害がない人も、共に元気に楽しく働く社会」
「職場の隣の席の人がたまたま障害者だった」
私たちは、そんな社会を目指しています。

協会名
国際ノーマライゼーション推進協会
住所
104-0061
東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F
代表
成美 詩音
電話番号
03-4406-6010
業務時間
平日 9:00~18:00

NEWS


2018.01.01
謹賀新年
2017.12.20
セミナーを開催しました!@銀座
2017.12.19
セミナーを開催しました!@横浜
2017.12.10
ラジオに出演しました!
2017.11.09
セミナーを開催しました!
2017.09.26
セミナーを開催しました!
2017.09.25
お茶会を開催しました!@きらきら
2017.06.26
お茶会を開催しました!@きらきら
2017.06.17
平塚商工会議所で講演をしました。
2017.06.03
モーニングセミナー

お客様の声


セミナーにご参加いただいた
岡部 茜様

法、制度、助成金についてしっかり体系的に学べました。
田島先生の語り口も柔らかくて、終始温かい雰囲気でした。
できることから少しずつ始めていこうと、心を新たにすることができました。

セミナーにご参加いただいた
T.Y様

わきあいあいと出来て楽しかったです。
現在の障害者の状況がよくわかりました。

セミナーにご参加いただいた
R.K様

確認したい点が直接確認できたので、具体的な今後の準備ができそうです。
2年後の時限爆弾や、負担金増の可能性などが大きく理解できた。

コンサルティングさせていただいている
特別養護老人ホームF様

障害者雇用は初めてだったので、相談させていただきました。
(障害者に)全床のベッドメイクをしていただいています。とても助かっています。
新施設の開設にあたり、あらたに2人雇用することにしました。
今後もよろしくお願いします。

セミナーにご参加いただいた
丸田美恵様

◆今回のセミナーの感想をお書きください。
ノーマライゼーションが進んだ社会にするために何をしていくべきか改めて考える機会となりました。

◆セミナーに参加する前と比べて変化した点、学べたこと、成長したことがありましたらお書きください。
知的障害、精神障害の方にどの様に接すればよいのかヒントをいただきました。(身体障害の方とはこれまでも接する機会が多くありました。)

◆ご意見があればお書きください。
田島先生のお人柄のよく出た勉強になる講演会でした。ありがとうございました。

セミナーにご参加いただいた
津嶋直人様

◆今回のセミナーの感想をお書きください。
他社の障害者雇用のお話を聞けて参考になりました。

◆セミナーに参加する前と比べて変化した点、学べたこと、成長したことがありましたらお書きください。
精神障害に関する認識が深まった。

◆ご意見があればお書きください。
当社では知的障害者を主に雇用しています。
新しい情報があったら教えてください。

セミナーにご参加いただいた
M.K様

障害者も生きていくには仕事が必要です。企業もできる限り長期雇用し、適切な業務を与え、社会貢献していくべきと考えます。

セミナーにご参加いただいた
脇山純子様

◆今回のセミナーの感想をお書きください。
大変活発な意見が出て、皆が興味があるテーマだと感じた。
ノーマライゼーションはデリケートで皆が同じ認識とは限らないので、もっと周知できるような体制ができるとよいと思います。

◆セミナーに参加する前と比べて変化した点、学べたこと、成長したことがありましたらお書きください。
会員の皆さんの会社はかなりしっかりしていましたが、多くはそうでないのではないかと思います。
障害者の方はとかく敬遠しがちだと思いますが、一人一人違うことは健常者と一緒だし、よく聞いて耳をかたむけること、個々にあった対応が大切だとわかりました。

◆ご意見があればお書きください。
ありがとうございました。どんな質問にも丁寧に答えてくださり、勉強になりました。

セミナーにご参加いただいた
E.M様

◆今回のセミナーの感想をお書きください。
ノーマライゼーションという言葉を最初に聞いたのは約25年ほど前でした。
当時とくらべて障害者雇用の状況が進んできたなぁという思いがあります。
今後、精神障害、知的障害の雇用率が更に上がることを望みます。

◆セミナーに参加する前と比べて変化した点、学べたこと、成長したことがありましたらお書きください。
障害のある方も少しの配慮で健常者と同じように働くことができることを学びました。障害のある方もない人も差別なく暮らしていける社会でありたいと思いました。

◆ご意見があればお書きください。
有意義な講座をありがとうございました。

セミナーにご参加いただいた
三村政彦様

◆今回のセミナーの感想をお書きください。
H30年の法定雇用率の変更に伴い、社会全体でこの問題が広く話し合われる必要を強く感じました。

◆セミナーに参加する前と比べて変化した点、学べたこと、成長したことがありましたらお書きください。
本日の参加者は消費生活アドバイザーであり、資格取得の際に、ダイバーシティの勉強をされています。しかしながら、障がい者の問題については、まだまだ勉強はこれからだと感じました。

セミナーにご参加いただいた
S様

◆今回のセミナーの感想をお書きください。
障害者雇用についての整理が改めて出来たこと。全般的な流れを再確認出来たこと。いろんな視点で障害者雇用を考えさせられました。

◆セミナーに参加する前と比べて変化した点、学べたこと、成長したことがありましたらお書きください。
とりあえず、H30精神障害者の雇用義務に向けて、特性を理解すること、実践していくこと、職域拡大に取り組むことの目標が出来ました。

代表挨拶


ノーマライゼーションとは、
1960年代に北欧諸国から始まった社会福祉をめぐる社会理念の一つで、
障害者と健常者とはお互いが特別に区別されることなく、
社会生活を共にするのが正常なことであり、
本来の望ましい姿であるとする考え方です。

一般の健常者の方は(以前の私がそうであったように)
障害についての理解が乏しいと感じています。
ノーマライゼーション推進のためには、
まず健常者が障害について理解することが必要だと考えています。

平成28年4月より常時雇用している労働者数が
100人を超え(それまでは200人を超え)200人以下の
全ての事業主が納付金の申告が必要になりました。
障害者雇用率(2.0%)未達成の事業主は、
法定雇用障害者数(労働者数101人で障害者2人)に
不足する障害者数に応じて
1人につき月額50,000円(減額特例有)の
障害者雇用納付金を納付しなければならないこととされています。

「自社の業務で障害者にできる仕事なんてない。」
「職場がバリアフリーじゃないから難しい。」
事業主の皆さん、
「納付金を支払えばよい。」と思っていませんか?

障害者雇用のメリットは納付金を支払わなくて良いだけではありません。
たくさんのメリットがあります。
障害者が働きやすい職場は健常者にとっても働きやすい職場なのです。

国際ノーマライゼーション推進協会は
皆様の職場を
「障害がある人も障害がない人も、共に元気に楽しく働く職場」
にするためのお手伝いをいたします。

成美詩音
成美詩音

代表

東京理科大学卒業後、大手電機メーカーに入社、エンジニアとして配属されたが、大学での専門知識が活かせず、苦悩の日々を過ごす。その後、転属により社内技術者対象の研修講師を担当。
同社退社後、障害者の就労支援に長年従事。
現在は、障害のある人も障害のない人も共に元気に楽しく働く社会を作るために活動している。

お問い合わせ


各種研修・講演等のご依頼を承ります。

ご不明な点やご相談などございましたら、
TEL:03-4406-6010
MOBILE:080-4416-0115まで
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップ