国際ノーマライゼーション推進協会
国際ノーマライゼーション推進協会

障害がある人も障害がない人も共に元気に楽しく
働く社会を作るためのサービスをご提供しています。

ノーマライゼーションとは、1960年代に北欧諸国から始まった社会福祉をめぐる社会理念の一つで障害者と健常者とはお互いが特別に区別されることなく社会生活を共にするのが正常なことであり本来の望ましい姿であるとする考え方です。

一般の健常者の方は障害についての理解が乏しいと感じています。
ノーマライゼーション推進のためにはまず健常者が障害について理解することが必要だと考えています。

平成28年4月より常時雇用している労働者数が100人を超える全ての事業主は納付金の申告が必要になりました。
障害者雇用率(2.2%)未達成の事業主は法定雇用障害者数(労働者数101人で障害者2.2人)に不足する障害者数に応じて1人につき月額50,000円(減額特例有り)の障害者雇用納付金を納付しなければならないこととされています。

「自社の業務で障害者にできる仕事なんてない。」
「職場がバリアフリーじゃないから難しい。」
事業主の皆さん
「納付金を支払えば良い。」と思っていませんか?

障害者雇用のメリットは納付金を支払わなくて良いだけではありません。たくさんのメリットがあります。障害者が働きやすい職場は健常者にとっても働きやすい職場なのです。
 
国際ノーマライゼーション推進協会は皆様の職場を
「障害がある人も障害がない人も共に元気に楽しく働く職場」
にするためのお手伝いをいたします。

協会について

 

協会名 :国際ノーマライゼーション推進協会

住 所 :〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F

代 表 :成美詩音

電話番号:03-4405-6010

業務時間:平日 9:00〜18:00